サービス

遠隔監視装置α2000

いつでも見守る万全の監視体制

『遠隔監視装置α2000』とは、情報センターから電話回線を使用してエレベーターを常時遠隔診断および監視を行う装置で、遠隔操作も可能です。

異常信号を受信すると、まず情報センターから遠隔操作を行います。エレベーターの動作が確認できなければメンテナンス技術者を迅速に出向させ、復旧作業を行います。万一エレベーター内に閉じ込められた場合でも、エレベーター内の呼び出しボタンを押せば情報センターの専属スタッフと直接通話ができます。情報センターと『遠隔監視装置α2000』が24時間365日、ご契約者様のエレベーターを見守っています。

『遠隔監視装置α2000』では、以下のデータを収集しています。

遠隔診断(運行管理)
  • 安全スイッチ動作状態
  • ブレーキ動作状態
  • 呼びボタン動作状態
  • かご、乗場の戸のスイッチ動作状態
  • 上、下部ファイナルリミットスイッチ動作状態
  • インターホン通話状態
  • かご起動回数
  • 戸開閉回数
異常監視
  • 閉じ込め
  • 起動不能
  • 戸の作動異常
  • 停電
  • 遠隔監視システム異常

α2000画面説明